Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

ウノ、ドス、トレスで1,2,3


今何かと話題の多いJICAの招聘で日本の算数・数学教育視察のためにやってきたボリビア、エクアドル、パラグアイ、ペルーの先生たちにそろばんを教えました。
もちろん、先生たちのお国はスペイン語のため、英語で云ってもあまり判らない様子。
とても上手なスペイン語の通訳の方が私の日本語をスイスイスペイン語に訳して下さいます。
ところが、実は私、大学時代スペイン語を第二外国語として勉強していたんです。
アブラ エン エスパニオール ウンポキートと言って、ちょっとスペイン語を
しゃべりました。
もちろん、1から10までスペイン語で云えます。
ところがです。3足す5はとスペイン語で云おうとすると、1から順番に数えないと
3という単語のトレスが出てこないのです。
つまり、日頃子どもたちが英語で苦労しているのと同じことを私は体験しました。

SSBRAINで勉強すると直聴直解ですから、このようなことが無くなります。
私もスペイン語のSSBrainが欲しくなりました。
  • [No Tag]

英検3級合格


嬉しいニュースが届いた。何と既報のA子ちゃんが3級の2次試験、合格した。
さらに嬉しいことに満点合格だった。
もちろん、練習中より落ち着いた態度や英語でのやり取りを見ていて、合格間違いナシの
自信を持っての2次試験であったが、満点となるとさらに嬉しい。
もちろん、英語での質問にはパーフェクトに答えられたわけであるが、Attitudeも満点で
あったのだ。
小さい頃より発表会や海外でのコンテストへの参加で度胸が身について居たと言える。
それが今回の満点合格につながったように思う。

  • [No Tag]

練習の積み重ね




5月からSSBrainの練習を始めた年長のMくんは、今2級(11桁)の練習を行っています。週に1度のレッスンとお家での練習で11桁でも瞬時に聞き取れるようになりました。聞き取りの能力を身につけるとともに集中力もかなり鍛えられます。少しでも神経が別のところに向いていると大きな桁は聞き取ることが難しいのです。tyとteenの違いも間違えやすいのでしっかり耳を傾けていなければなりません。練習の積み重ねはやがて大きな成果へと繋がります。Mくんとの練習を通して、3つのことを実感しました。

①大きな桁でも瞬時に聞き取る能力
②物事に対する集中力
③練習を重ねれば必ずできるようになるという達成感


  • [No Tag]

英検で証明されたヒアリングの力

 小学校の頃より英語聴き取り算やSSBrainを使って勉強してきた現在中学生1年生のA子ちゃんが英検に初めてチャレンジした。
これと言って、特別に英語を勉強したことのないA子ちゃんにとっては今回の英検3級、4級への挑戦はかなりハードルが高いように思われた。
ところがきょう、英検の発表があり、なんと3,4級どちらも合格となっていた。(3級は1次試験のみ合格)詳しく点数を見てみると4級ではヒアリングのところで、満点、3級でも満点に近い点数であったことが合格になった理由のようだ。
これからこの英語聴き取り算で培った耳がどのようにその後の英語力につながるかが研究テーマであるが、このA子ちゃんの様子を見る限り、やはり英語耳は英語聴き取り算、すなわちSSBrainで培われたと言っても過言ではないようだ。
ガンバレ、A子ちゃん、2週間後には3級の2次試験が待っている。
  • [No Tag]

2桁から3桁への壁


SSBrainで聞き取りの方は練習によって、だんだんと級が上がって行くのは容易だが、計算の方はなかなか難しい。でも計算の速度で聞き取りが出来るようでないと、実践力が身に付いたとはまだいえない。一定の速度の数字を間髪いれずに聴き取れる、ここが大切なポイントだ。
そろばんや電卓で計算しなくてもよい、ただ、聞いた数字を紙に書いてゆくだけでよいのだ。
この繰り返しが上達への早道だ。
  • [No Tag]

ご案内

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。