FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

やっぱり英語は幼児から


小学1年生の男の子を教え始めました。
とても賢いお子さんですが、お受験もあったのでしょう。ほとんど英語というものには
触れられていなかったようです。

その彼の一番の不得意はthの発音です。
thirteenというと「えっ何何?なんて言ったの?」と必ず聞き返します。
日本語にないthの音は聴き取れないのです。
幼児から何らかの形で英語に触れられていたお子さんにはこのようなことはありません。
そのまま音を音として受け入れられる素地が作られていると言えます。

さて、その彼もSSBrainの聞き取りで3桁に挑戦できるようになりました。不思議なもので、聞き取れるようになると自らの発音もそれに似てくるようです。
賢い子だけにこれからどのくらい伸びるのか楽しみです。

でもやはり英語は幼児期から音として聞かせて置くことは大事ですね。
  • [No Tag]

コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。

トラックバック

トラックバックURL
http://ssbrain.blog36.fc2.com/tb.php/55-c5ce54ce

ご案内

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。